与那国島


 

sea-186469_640

 

沖縄県・与那国島はダイビングスポットとして日本ではかなり有名です。

ここの目玉はシュモクザメ。通称「ハンマーヘッド」と呼ばれる珍しい形のサメが人気なんです。

島内にはいろいろなダイビングのサービスがあります。

「与那国ダイビングサービス」さんは「民宿よしまる荘」と一体となってサービスを展開しているようです。

宿泊場所と、ダイビングのもろもろの手続きが一括で用意できるのだったら、これはなかなか便利ですよね。

よしまる荘は白い外壁が爽やかで、いかにも「沖縄に来たなあ」と感じられそうなよさげな外観。

イルカの絵が描いてあったりして、ダイビング気分を盛り上げてくれます。

また、「ダイビングサービス マーリン」さんというのもなかなか人気が高いようです。

なんといっても、与那国のダイビングスポットの中ではダントツでウェブサイトの完成度が高い。

このあたりはかなり信頼度に影響しますよね。

いろいろなキャンペーンをやっているらしくて、たとえばレンタカー会社とのコラボなど、

精力的に活動されているようです。

レンタカーでの移動を考えていた方には、かなりいいかもしれませんね。

さて、与那国でダイビングをするなら、海底遺跡をみてみましょう。

なんとこの海底遺跡、かなり大きくて、最大幅100mともいわれています。

そして、人工的なものなのか、自然にできたものなのかもよくわかっていないそうです。

このミステリアスなものを、ぜひ見に行きましょう。